トップ > 町政情報 > パブリックコメント > 実施結果 > 第2期浦幌町子ども・子育て支援事業計画(案)に対する意見書

第2期浦幌町子ども・子育て支援事業計画(案)に対する意見書

意見趣旨

                                                                                              (1)合計特殊出生率の推移の搭載について
    第2章、第2節、1出生の動向に「合計特殊出生率の推移」の項目が必要だと思います。
  浦幌町次世代育成支援行動計画(前期)には搭載がありましたが、後期計画からなぜかなくなりました。
  必要性は言うまでもないと思いますが。

(2)施策と量の見込みと確保の方策の関係性について
    第4章施策の展開の施策と第5章量の見込みと確保対策の「量の見込みと確保の方策」の①〇〇〇〇で
 示されている項目との関係はあるのか?整合性が図られるのか?別物なのか?よくわかりません。

(3)施策の搭載数について
  「不妊治療に対する支援」の記載がないが必要ではないか?ほかにもやっている事業が多数あると思うが、
 搭載数に制限があるのか?住民等が浦幌町の子育て事業に魅力が持てるように計画を策定願います。

町からの回答

 貴重なご意見ありがとうございます。

(1)合計特殊出生率の推移の搭載について
    いただきましたご意見をもとに、子育て環境の整備を図る本計画において、本町の状況を把握する1つの
    要素であるものとし、合計特殊出生率の推移の搭載は国の指針の中で必須項目ではありませんが、第2章
  「浦幌町の子ども・子育てを取り巻く状況」、第2節「少子化の動向」に全国・北海道・浦幌町の合計特殊
    出生率の推移を掲載することとします。

(2)施策と量の見込みと確保の方策の関係性について
    本計画は、子ども・子育て支援法第61条に基づく「市町村子ども・子育て支援事業計画」及び次世代育
    成支援対策推進法第8条に基づく「市町村次世代育成支援行動計画」として策定しています。第4章の施
    策の展開において、基本目標に沿い、まちづくり計画や各種計画において取り組んでいる主な事業を掲載
    しています。また、第5章では、子ども・子育て支援法に基づく、子育てに関する13事業について5年
    間の量の見込みと確保の方策を掲載しているため、第4章に掲げた主な事業の直接的な関係性や整合性を
    持つものではありません。

(3)施策の搭載数について
    第4章の施策の展開において、本町の取組内容を記載しており、事業の掲載数に制限はありません。本町
    では「浦幌町特定不妊治療費助成事業」として、不妊治療を受けているご夫婦の経済的負担を軽減するた
    め、医療保健が適用されず高額な費用がかかる特定不妊治療費の助成を実施しております。いただきまし
    たご意見をもとに、第4章の基本目標2「家族が安心して子育てできる体制の整備」、「2-1.妊娠期
    から乳幼児期までの健康確保の推進」において、主な取組事業として掲載することとします。

お問い合わせ先

ページの先頭へ